引越しの料金は荷物の量で変わる?安くするコツはある?

安い引っ越し

引越しの料金は荷物の量で変わる?安くするコツはある?

引越しをする時に荷物を少しでも少なくして、大きな荷物以外は自分達で運ぶことで安く出来ないか?って思うことがあります。
でも、「それって意味ないよ」っていう言葉を聞くことがあるかもしれません。
実際はどうなのか?

これは引っ越しの料金の決め方で分かります。
荷物の量が影響するのは、トラックの大きさです。
引っ越しの荷物は宅急便などとは違って、荷物1個でいくらという仕組みではなく、トラック1台でいくら、カーゴ1台でいくらです。

つまり、トラックのサイズが決まったら、「トラックが変わらない限り料金も変わらない」ということです。
このため荷物を減らすならば大きなものを減らすなら意味がありますが、小さなものを減らしても(自分で運んでも)、料金には影響を与えないです。

このため大型家電・家具がそのままになりそうな場合は、箱を減らすことはあまり意味が無いです。
逆に大型のものを減らして、しかもダンボールも何十個単位で自分達で運ぶという場合、トラックのサイズ自体が変わるため見積もりも変わります。

荷物の量を変えるよりも、見積もりを安くするために効果的な方法がある

引越しの料金は荷物の量で変わる?安くするコツはある?

荷物の量を変えるのには労力が相当掛かります。
自分達で運ぶとなれば、その労力も相当なものです。
このため荷物の部分で四苦八苦するよりも、効果的なのが「引っ越し日時の調整」です。

引っ越し日時(荷出し荷入れ)はこちらから希望を伝えることが多いです。
でも、これって一番見積もり料金に影響を与える部分です。
大抵は土日の午前中に引っ越しを希望することが多く、だめなら午後という感じです。

休みの範囲でいろいろと考えるため、土日が無理なら金曜日か月曜日かという感じにもなりやすいです。
そして、この範囲の場合引っ越し料金が変わります。
特に日曜日の場合はトラックの料金が割増料金を認められているため、日曜日のどの段階の引っ越しでも平日より高くなります。
土曜日は割増料金にはなっていませんが、需要が高いため必然的に料金も高くなります。

引っ越し日時を業者に任せて見積もりを取る

引越しの料金は荷物の量で変わる?安くするコツはある?

単純に土日を外すというだけでは安くなりにくいです。
これは地域や時期によってどこが混み合うか分からないためです。
引っ越し料金は基本的に混み合うほど割引きがされにくいです。

このため見積もりを依頼する時のコツで、「何日から何日までで時間も日程もお任せするので一番安い見積もりをお願いします」という言葉を伝えます。

こうすることで、こちらの融通は利きませんが、引っ越し業者から一番安い料金を出して貰えます。
その料金を見ながら、「この日程時間で引っ越すとどうなりますか?」ともう一つ聞きます。

そうすると、希望日時の引っ越しの料金と業者希望に合わせた場合の料金を比較することが出来ます。
後はどっちの選択が取れるかってことです。
差額を見ると分かると思いますが、わざわざ休みを取って引っ越した方が良いのか、それほどでもないのかは一目瞭然です。

このやり方は荷物を減らすやり方よりもお手軽で、しかも値引きとかそういうことではないため、気持ちも楽です。

後はどこの引っ越し業者にお願いするか?

引越しの料金は荷物の量で変わる?安くするコツはある?

引っ越しを依頼する場合、まず出てくるのは大手の引っ越し業者です。
大手の引っ越し業者でもたくさんありますが、主な引っ越し業者はこちら↓

サカイ引越センター
日本通運
アート引越センター(0123)
ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)
ハート引越センター
アーク引越センター
アリさんマークの引越社
SGムービング(佐川急便)

特に上から5番目までは日本有数の引っ越し受注件数を誇っています。
このためとにかく個別に見積もりを取りたい場合は、上の一覧から好きなところを選んで、直接見積もりの依頼をすれば良いです。

安くしたい場合は、複数の引っ越し業者に見積もり依頼をするとさらに良い

引っ越しについていろいろと調べていくと、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼すると良いことが分かってきます。
このため、上の一覧から気になるところを数社選んで直接見積もりを取るのも手です。

ただ、そういうのが少し面倒という場合は、無料一括見積もりサイトを使う手もあります。
無料一括見積もりサイトのメリットデメリットもあるのですが、このうち大きなメリットが大手以外でも見積もりの依頼が出来る点です。

通常、引っ越しの見積もりというのは大手よりも中小地元の引っ越し業者の方が安いケースが多いです。
これは会社の規模がそのまま料金になっている感じです。
長距離引っ越しの場合は大手じゃ無いと難しいこともありますが、隣県ぐらいならば中小の引っ越し業者でも対応出来るところが多いです。

このため、安くしたい場合は中小の引っ越し業者も見積もりの候補に挙げると効果的。
ただ、そういう業者を探すのは大変なので、一括見積もりサイトを利用すると良いねって話になります。
無料一括見積もりサイトで有名どころはこちらにまとめました。

これらのサイトのメリットは大手以外にも見積もりを依頼出来る点です。
つまり、安くしたい場合はこういう感じで複数の引っ越し業者に見積もりを取ることが大事になるってことです。
そういう意味ではこれがメリットですが、同じ部分でデメリットがあります。

それは一括で見積もりが依頼出来るのは良いけれど、その後の対応は普通の見積もりサイトだと全部自分でやることになる点です。
こちら側は1人、相手側も1人ですが複数の引っ越し業者それぞれとなります。
このため対応が大変です。

複数の引っ越し業者から見積もりを取るときは、大手の引っ越し業者1社ずつでもやることは同じです。
その手間が一括か個別かの違いです。

安くなることは安くなるけれど、手間が掛かるのはきついな~という人にとって、安易に一括見積もりサイトを使うと大変です。
ただ、2015年に新たに出てきた無料一括見積もりサイトの引越しラクっとNAVIですと、この手間が無くなるため、最近選ばれるようになってます。
上のランキングではランク2位がそれです。

引越しラクっとNAVIは、いろいろなところに手間を掛けることによって、依頼者の手間を減らすことで選んで貰おうとしているところです。
まず見積もりの依頼をする段階で必要な情報は、連絡先と希望連絡日時ぐらいです。

引っ越しに必要な情報などはこの段階では不要です。
後日、サポートセンターから連絡がくるのですが、この時に必要な事は全て聞いてくれます。
その後、サポートセンターから該当する引っ越し業者に見積もりを依頼してくれるため、依頼者は見積もりが出てくるのを待てば良いようになってます。

見積もりの結果はネットの管理画面の一覧からチェック出来ます。
しかも、ここのすごいのは個別に依頼したり、普通の見積もりサイトを利用したりするときの一番のデメリットが解決されてます。
それがキャンセルの仕方

普通は個別にそれぞれキャンセルを伝えることが多いです。
無視してだんまりを決める事もあると思いますが、精神的に結構きついです。

引越しラクっとNAVIはキャンセルも管理画面から出来るため、嫌な作業が気楽に出来るメリットがあります。
※引っ越しの依頼も管理画面

引っ越しの不安な点なども相談出来るため、よく選ばれています。
出来るだけ安く、でも安心して引っ越しをしたい、そういうときには力になってくれる会社です。



引っ越し料金を安くするコツはここにまとめました
タイトルとURLをコピーしました