女性が安心出来る引越し業者を探して安くするコツ

女性の一人暮らしで引越しをすることになったら引越し業者はこうやって選ぶと安くて安心

引っ越しの事がよく分からない、見積もりなどで家に入られるのが不安、そういう場合は「こちら」の見積もりサイトを使えば面倒と不安をまとめて解決できて、自分に合った引っ越しの準備が出来ます。
※特に女性に安心です。

女性1人で引越しをすることになったとき、まずはどうするケースが多いか。
まずは引越し業者を選ぶ事になりますが、その前に「何を持って行って、何を持って行かないかを決める」ことが大事になります。

女性の一人暮らしであっても、物は意外と多いです。
洋服はもちろんのこと、いろいろな家電(テレビ・洗濯機・パソコン・冷蔵庫)もあります。
このため、とにかく持って行く物を決めます。

ポイントとして、引越しの料金は「荷物の数では決まらない」点です。
荷物の量が引越しの料金に大きく影響しやすいと思いがちですが、引越しは荷物の数では無く、トラックのサイズやカーゴの数で決まります。

このため、多少荷物が増えても減っても料金は変わらないです

だから、最初はとにかく持って行かない物だけはっきりさせます。
次に引越し業者を選びます。

安くて安心を考えたら引越し業者の営業マンに来て貰うのが一番です。
もちろん訪問は嫌という場合もあると思います。

しかし、電話だけでは見積もりが出来ない場合もある上に、電話の見積もりは料金が高くなりやすいです。

これは条件がはっきりしないため、後でモメないためです。
ただ、営業マンは大抵「男性」が多いです。

男性が怖い場合は、3つの方法を取ります。

一つは、訪問見積もり時に引越し業者に女性も一緒にお願いする
一つは、自分の友達を呼んで3人ぐらいで営業マンを待ち受ける
一つは、完全に女性だけの営業マンに来て貰う

最後の完全に女性だけの営業マンというのはかなり難しいです。
特に引越し繁忙期には難しいです。

可能性として取れるのは「女性のスタッフも一緒に来て貰う」というパターンです。
男性が怖いという女性は多いので、最近の引越し業者は訪問見積もりで融通を利かせてくれます。
ただ、それでも日程的に無理な場合は、友達を含めて3人ぐらいで待っているというパターンの方が安心です。

訪問見積もりの場合、部屋の中を見られるという不安があるため、どうしても1人だと辛くなります。
友達が難しい場合は家族でも良いです。
訪問見積もりの時、荷物を作っておく必要はありません。

持って行く物を伝え、持って行かない物をはっきりさせるだけで良いです。

女性だけの引越しスタッフは可能?

検索で「引越し 女性スタッフ」という感じで調べると、大抵はアート引越センターの引越し紹介が目に付きます。
これは「アート引越センター」が積極的にネット宣伝をしているためです。

アート引越センター以外でも女性のための引越しサービスを展開しているところはあります。
女性のための引越しサービスには以下の様な傾向があります。

1.引越しのスタッフが女性スタッフだけで構成されている
2.引越しの時に女性スタッフが同行する

女性のための引越しサービスとして明言して展開しているのは大手では2社しかありません。

SGムービング(佐川急便)のレディースムービングです。
お客様の希望似合わせて女性スタッフが対応してくれます。
これには荷造りから搬出搬入、そして荷時まで含まれます。
※但し重い物については男性スタッフを配置します。危険防止が最優先になるためです。

そして、既出のアート引越センターです。
アート引越センターレディースパック
こちらもSGムービングと同じように女性スタッフのみで要望に応じて対応してくれます。
ただ、同じように重い物については安全性優先で男性スタッフが配置される可能性があります。

その他の大手引越し業者であっても、明言しているわけではありませんが、希望をすれば女性スタッフの配置をしてくれる可能性があります。

大手では2社が女性のための引越しプランがありますが、中小の引越し業者にもあります

東京・神奈川の引越し発着対応
なでしこレディース引越し
※部屋の中に入るのは女性スタッフだけという女性専用引越しプランです。

東京・埼玉・神奈川など関東全域
安全輸送株式会社 レディースプラン
※荷造り荷解きを女性スタッフだけで行ってくれる女性のためのプランです。

東京・千葉・埼玉・神奈川転出・転入対応
引越バービィー
※女性スタッフの希望があれば対応可能

大阪府内
株式会社共立トランスポート ミニトラ便 レディス引越し
※ご要望により女性スタッフが最低1名添乗することが可能です。

大阪府内
赤帽いつも元気運送
※ご要望に応じて女性スタッフにて伺います(訪問見積もり・搬出入作業)

滋賀・京都
大成運送の引越サービス(赤帽)
※どうしても不安な方には女性作業員が同行可能

以上が女性のための引越サービスを明言している引越し業者です。
※上記以外にもありますが、明言しているところです。

女性スタッフをつけたからといって見積金額が変わることはほとんどありません。
ただし、「女性スタッフのみ」にした場合、男性スタッフの人員に比べて人員総数が増えることがあります。
この場合、増えた分だけ見積もりも高くなりますが、不可能ではありません。

安くしたい場合は、複数の引越し業者の見積もりをうけること

女性の一人暮らしで引越しをすることになったら引越し業者はこうやって選ぶと安くて安心

訪問見積もりを受けた方が良いですが、「安くしたい場合」は、複数の引越し業者に見積もりを依頼することが大事です。
引越し料金は規定料金というのが分かりにくいです。

このためよくある見積もりのパターンは最初に、高い見積もり料金を出す(大抵は落としどころの金額の倍以上)、次に、大幅に値引きをする(落としどころよりちょっと高め、ここで決めて貰えたらラッキー)、最後に、今日契約をしてくれたらこの金額でOKです(落としどころの、いわゆる定価を提示)。
というケースが実際にあります。

一社からしか見積もりを取っていないと、最後の金額が高いか安いかすら判断出来ません。
だからこそ、複数の引越し業者から見積もりを受ける事で、料金の相場が分かり安いところを選ぶ事が出来ます。

業者に依頼する前に大体の引っ越し料金を知りたいときは「この」方法を使います。
見積もりサイトを使いますが、登録をする前に「自分のケースで引っ越し料金がいくらになるか」が分かります。

自分の引っ越し料金が分かれば、実際に引っ越し業者に相談するときにも役立ちます。
その上で、さらに少しでも安くしたい場合は「この方法」で金額が変わってきます。

女性が一人で、あるいは女性の手で引っ越しの準備をするときは心細いことが多いです。
この引っ越し業者が良いよと言われても不安が残ります。

女性に一番人気があり、そして、安心出来る見積もりサービスが一番最初に載せた「引っ越しラクっとNAVI」です。
ここも無料見積もりサイトの中の一つですが、引っ越しのサポートをしてくれる、引っ越しの相談にのってくれます。

もちろん、引っ越しが決まらなくても心配が要りませんし、キャンセルもしやすいのが特徴です。
自分に合った引っ越し業者を探して来てくれます。

結局どうしたら良いか分からないときは、「引越しラクっとNAVI」に相談するところから始めれば、間違いがありません。


引っ越し料金を安くするコツはここにまとめました

タイトルとURLをコピーしました