5月と6月に引越しをするならどっちが安い?

安い引っ越し

5月と6月に引越しをするならどっちが安い?

引っ越し時期を敢えてずらして、5月6月に引っ越しをするケースはだんだん増えてきています。
特に5月のゴールデンウィークに引っ越しをするなら、多少は安くなるよねって思ってこの辺りに予定を変えるケースもあります。

実際は3月の引っ越し繁忙期に比べれば圧倒的に安いですが、普通の時期に比べれば逆に割高になるのがゴールデンウィークです。
理由は休みを取りやすいため、引っ越しが固まる傾向にあるためです。

このため引っ越しの料金を考えたら、たとえ複数の引越し業者から見積もりをとるにしても、ゴールデンウィークは止めた方が良いということになります。

また、ゴールデンウィークを含むその前後の日も注意したいです。
引っ越し料金というのは、その荷物の量よりも、その時期によって簡単に上下します。
理由は、荷物はトラックのサイズで料金が決まりますが、時期は忙しい時期とそうで無い時期で料金が決まるからです。

お休みの時期は引越しする人も多くなる

5月と6月に引越しをするならどっちが安い?

引越しの見積もりで高くなる曜日があります。
それが日曜日です。
これは単純にトラックの運賃が2割増しになるからです。
何もしなくても、日曜日っていうのは高くなるんですね。

さらに、土曜日も高くなります。
理由は一番土曜日に引越しをする人が多いからです。
引っ越し料金は需要と供給で人が多くなればなるほど、料金が高くなります(そうじゃないと受けきれないから)。

その一番の例が3月です。
このためお休みが重なるゴールデンウィークは通常よりも高くなります。
または割引きが少なくなります。

お休み前後も安くならない

5月と6月に引越しをするならどっちが安い?

それなら金曜日とか月曜日にすれば良いのってなりやすいのですが、ゴールデンウィークも同じで、その他も同じで、休日前後は「休みが取りやすい」ため安くなりにくいです。
考えることはみんな一緒ということです。

このため、5月、6月で引越しを検討する場合、第一候補に考えるならば5月のゴールデンウィーク明けの普通の平日で5月、6月のお休みをとりやすい時期が一番ということになります。
すると引越しの需要も急激に下がり、合わせて割引きも増えてきます。

狙い目は5月2週目以降の火曜日から木曜日です。
当然祝日は挟まない普通の平日です。
普通の平日は仕事をしている事が多いため、どうしても引越し候補としては挙がりにくいです。

平日に見積もりを依頼することが出来るなら、これが最大のポイントになる

5月と6月に引越しをするならどっちが安い?

見積もりを安くするなら複数の引越し業者に依頼することが大事になりますが、その時に条件の提案が安くなるポイントになります。
平日は安くなりやすいと言いました。
ある程度融通を利かせられるなら、こういう条件を提案してください。
「何日から何日までの間で時間は任せるので一番安い見積もりを出してください」

こういうのは普通考えつきません。
でも、これが一番効果的な引っ越し料金を安くするパターンです。
理由は、業者に合わせて都合をつけるからです。

引越しの依頼は様々ですが、大抵は希望があります。
その希望通りにしようとすると、どこかに空きが出るんですね。

普通はそこは埋まらないのですが、日程を自由に決めて良いという場合、そこにはめ込むことが出来ます。
1日の売上予算というのがあって、2件のところが3件になると、追加の3件目というのはその割り当て予算が既に満たされているので、安くなるんですね。

また、予定に穴が空くよりも、入れられた方が良いというのもあります。
このため、選択肢を業者にあずけることで安くしていくわけです。
念のため、自分の都合に合わせた見積もりも出して貰うと良いです。
そうすれば、どっちを選んだ方がお得かはっきりします。

どこに見積もりを依頼したら良い?大手?地元?一括見積もりサイト?

5月と6月に引越しをするならどっちが安い?

安心・安全・補償が第一の場合は、大手の引越し業者に見積もりを出すのが一番です。
引越し大手はこちらになります↓

サカイ引越センター
日本通運
アート引越センター(0123)
ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)
ハート引越センター
アーク引越センター
アリさんマークの引越社
SGムービング(佐川急便)

上から5番目までの引越し業者は日本有数の引越し受注件数を誇っています。
このため、一社ずつ見積もりを依頼するならば、これらが該当します。

ただ、料金を少しでも安くしたい、あるいは相場を比較しながら選びたいという場合は、複数の引越し業者に依頼する必要があります。
また、大手だけでなく、普通の引越し業者の方が安くなりやすいので、それも考慮するとなると探しにくいです。

そういう場合は無料一括見積もりサイトを使う

無料一括見積もりサイトは引越し業者と提携して、見積もりをまとめて依頼しますっていうサービスを提供しています。
有名どころの無料一括見積もりサイトはこちらにまとめました。

申込みをしたら提携引越し業者に見積もり依頼が送信される見積もりサイトは多いです。
その後、各業者とやりとりをすることになるのですが、これが面倒という人が結構多いです。
このため無料一括見積もりサイトは便利だけど使わない人もいます。

そういった人のために2015年から出てきて、急激に利用されるようになったのが2位の引越しラクっとNAVIです。
ここはもともと法人の引越しサポートをやっているのですが、2015年から個人の引越しサポートのサービスも展開し始めました。

一番のメリットは面倒がないということです。
引越し業者といちいちやりとりをしないといけないのは、相当なストレスですが、それはサポートセンターの方でやりますねっていう仕組みです。
無料一括見積もりサイトはいろいろとありますが、ここはいろいろと相談に乗ってくれるため、引越しに不安な人には役立ってくれます。



引っ越し料金を安くするコツはここにまとめました
タイトルとURLをコピーしました