近所の引っ越しでも忘れたらダメなこと

安い引っ越し

引っ越しの時に近所でも遠くても忘れやすいことはこれ

車で30分程度しかかからない場所でも、隣の家に引っ越す場合でも、遠くでも引越しする事には変わりないです。
近くだからと安心していると、大変な目にあう場合があるので、これだけはというお話が今回のテーマです。

役所に出す転出入届け

引っ越し前でも引越しした後でも最寄の市役所で必要な手続きが必要になります。
今お住まいの場所から市外へ引っ越す場合は「転出届」と「転入届」を、引っ越し前後にそれぞれ市役所に提出することになります。

ただし、市外ではなく同じ市内に引っ越す場合であっても、市役所に「転居届」は出す必要があります。
この「転居届」は引越した後14日以内に市役所で手続きが必要です。

これを忘れやすいです。

国民健康保険の手続きも忘れやすい

国民健康保険に加入している場合は、近所に引っ越す場合でも住所変更の手続きが必要です。
近所でも市外に引っ越す場合は、引っ越す前に国民健康保険の「資格喪失手の続き」をした上で、引越し先の市役所で国民健康保険の「加入の手続き」をする必要があります。

社会保険の場合は会社がやってくれるので関係ないです。

児童手当の手続きを忘れると給付金が減るかもしれない

このほか忘れやすいのが、児童手当を貰っている方の場合です。
同じ市内に引っ越す場合は住所変更の手続きで良いのです。

しかし、市外に引っ越す場合は、引っ越し前の市役所に「児童手当受給事由消滅届」を提出し、引越し先の市役所に「児童手当認定請求書」の提出が必要になります。

この児童手当の手続きは引越し後15日以内という制限があります。
児童手当認定請求書を提出できないと、その月は児童手当がもらえない場合が出てきます。

近所の引っ越しでも役所の手続きはいろいろとあります。

他にも忘れやすいことがあります。

友達に引っ越しを頼むなら早めと確認を忘れない

引っ越しの距離に関係なく、友人に引越しの手伝いをお願いする場合は、早めの依頼が吉です。
引越しシーズンの3月~4月上旬頃は一年で一番引っ越しをする時期ですが、その分、友達も他の手伝いの予定が入っている可能性があるからです。

引っ越しで多いのは土日ですが、その土日にお手伝いを頼まれるのは共通しています。
手伝いのお願いは早い者勝ちになりやすいので、出来るだけ早めにちゃんと頼んでおくとがっかりしなくて済みます。

早めに引っ越しの手伝いを頼むと忘れられる可能性もあるので、定期的に予定を確認しておくことも大事です。
忘れられてしまっていると、「あ、ごめん」っていう感じでスルーされる可能性も高まるので大変です。

引っ越し日が雨ということも考えておくと後々楽になる

いくら近所の引越しだからといっても、雨に降られた時の対策はあった方が良いです。
梅雨時期だけでなく、雨に降られると荷物がぬれる可能性が高くなります。

こういうときのためにタオルやぞうきんを用意しておいたり、トイレットペーパーやティッシュを用意し、さらにゴミ袋用にビニール袋を用意しておくと良いです。

これらは使わなくても後で他の事に使えるので無駄になりません。

引っ越しの時は距離に関わらず、役所の手続きは忘れないことです。
その他の事は忘れてもリカバリーが出来ますが、役所については慌ただしい中で日数が経ってしまうので、最初から手順書を用意しておいても良いぐらいです。



引っ越し料金を安くするコツはここにまとめました
タイトルとURLをコピーしました