引越しの時にトラブルを回避する方法は?

安い引っ越し

小さくても大きくても引越しにトラブルはつきものです

近場に引っ越そうと、持って行く荷物が少なかろうと、引越しをする場面ではどこかでミスが起きてくるものです。
自分は気をつけてても家族や友達がやらかしてしまうこともあります。

もちろん、引っ越し屋さんもミスをする事があります。
そのミスに気づけなかったり、小さなミスに気づいてもきちんと対処をしていかない大変な事になるかもしれません。

引越しをするときはミスや問題は起きるもの、という意識が身を救ってくれます。
引越しのトラブルで一番多いのは、家具に傷がついたり、家電製品が壊れてしまったといったトラブルです。

引越しが多い人からよく出てくるトラブルです


その時に気がつけば良いですが、後になってから傷が付いていた事に気づいたこと、ということもあります。
どうすればこういうトラブルを避けられるか?

避けたいのは山々ですが、100%の回避策はありません。
しかし、それでもある程度気をつけていれば、トラブルは最小になっていきます。

大きな荷物を運ぶ時は、必ず自分がそばに居て荷物の状態をチェックすると良いです。
大きな荷物を運ぶ人も依頼主には気を使うので気をつけて運んでくれる事が多いです。

見ていないときにトラブルが起きても後の祭りの事もあります

大きな荷物や貴重品は、厳重に梱包するのが普通です。
このため外見では分かりにくく、中身を確認しないと分からないこともあります。
自分にとってとても大事なものは、特に気にかけておくと後悔しないで済みます。

気にかけていても後からキズが付いてる所を発見したり、電化製品が壊れて使えなくなっている事に気づくことがあります。
これらについては、気づいた時点で即引っ越し業者に連絡を入れることで、対処をしてくれる可能性もあります。

コツはとにかく迅速にすぐにです。
そうでないと、その家具についたキズや家電の故障が「何時そうなったのか」という話になり、補償の対象にならない場合もあるので注意です。

問題が起きたときのために、大事なものや大きな荷物に関しては(特に目立つ部分を中心に)写真に撮っておくと良いです。
写真に撮った後は、何かあったときのために保管をしておき、問題があったときにすぐに見せることが出来るようにしておくと良いです。

引越し業者に依頼をしておけば、問題が起きたときの対処が比較的楽なのもメリットです


出来ればトラブルを少なくしたいときは、引越し元だけでなく、引っ越し先もちゃんと調べておくと良いです。
引越しトラブルで多いのは、部屋の壁や玄関口のドアや壁を傷つけてしまうものです。
通路が狭ければいろいろとぶつけやすくなるモノです。

そうならないために、事前に現地で採寸をし、運び入れるモノが大丈夫かどうかを確認しておくと良いです。
当日の搬送で慌てるのでは無く、事前の準備でサイズの問題を回避しておけば、トラブルも起きにくいです。

大型のものについてはベランダから入れるパターンもありますが、この時も傷がついたら大変なので写真を撮っておくなどします。
結局、トラブルになるというのは「やったやらない」の話になることが多いので、それを回避するために写真を用意しておくということになります。

家を借りれば現状確認をします。
それと同じ事を引っ越し時にしておくことで、トラブルを避ける。

トラブルが起きても解決しやすくする。
それに役立ってくれるのが写真になります。



引っ越し料金を安くするコツはここにまとめました
タイトルとURLをコピーしました