引っ越しを依頼するなら大手でも中小でも「引っ越し専門」を選ぶ理由

安い引っ越し

引っ越しを依頼するなら大手でも中小でも「引っ越し専門」を選ぶ理由

引っ越しをするときに引っ越し業者を選びますが、この時に大事な事として「値段だけ」で選ばないことです。
これは単純に荷物だけ運んでくれれば良いという場合でも、注意したいポイントになります。

引っ越し業界には有名無名関係無く、山ほど業者があります。
この業者の多くは「運送業」が中心です。
そのトップは日本通運です。

引っ越しも荷物を運ぶので運送には違いがないですが、引っ越しというのは、それだけで一つの会社が成り立つほど、特殊な分野です。
このため「荷物を運ぶ」ということには間違いがないですが、普通の運送とは違う点が多々あります。
その最大のポイントは「家の中に入って荷物を出し入れする」というところですが。

通常の運送とは違う技術がたくさんあります。
だからこそ引っ越し業を専門とする業者が出る程になるわけです。
このため引っ越し業者を選ぶときも、「引っ越し業」が出来るところを選ぶ必要があります。

引っ越し料金は大手が一番高くて、規模が小さくなるほど安くなる傾向があります

引っ越しを依頼するなら大手でも中小でも「引っ越し専門」を選ぶ理由

引っ越し料金の大小のイメージはこんな感じです↓

右に行くほど安いです。
大手引っ越し専門業者 > 大手引っ越し業者(運送) > 中小地元の引っ越し専門業者 > 中小地元の引っ越し業者(運送)

そして、金額が安くなるほどに、引っ越し技術の質も下がります。
ただ、大手の引っ越し専門業者と大手の引っ越し業者(運送メイン)の場合、違いはほとんどありません。

理由は、たとえば大手の運送のトップである日本通運は、引っ越し業務であっても別事業部として立ち上がっているため、言ってみれば日本通運引っ越し会社みたいな感じだからです。
しかも全国規模で輸送網が発達しているため、金額も安く、技術力も高いということになります。

中小地元の引っ越し専門業者は狭い範囲であれば対応出来、また、技術力も高いです。
一番きついのが、中小地元の運送会社です。
引っ越しだけでは食っていけないため、運送メインで引っ越しの依頼があったらやるぐらいのものです。
同じ引っ越しでもその質が全然違うことが分かると思います。

引っ越しの技術が低いと、料金が低くても高く付きやすい

引っ越しを依頼するなら大手でも中小でも「引っ越し専門」を選ぶ理由

引っ越しは見積もりの段階からその技術力が発揮されます。
荷物の量、輸送・搬送、荷出し荷入れ、これら全てを考慮しながら、可能かどうか料金はどうなのかを見極めていくことになります。

家に荷物を出し入れするというのは、思った以上に技術が必要で、それを見積もりの段階でちゃんと見極められないと、引っ越し時に「これは無理です」ってなることはよくあります。
引っ越しはトラブルがつきものですが、「対応力」があるのとないのとでは全然違うわけです。
結果的に安く引っ越しをお願い出来た~なんて思ってたら、荷物が出ません、とか、入りませんっていわれてえらい目に合う、なんてことが起きる可能性が出てきます。

これは大手だって、引っ越し専門だって有り得ますが、質が下がれば下がるほどリスクも大きくなります。
特に引っ越し繁忙期、引っ越しシーズンになると、これが顕著になるわけです。

だからこそ、引っ越しを依頼する場合、業者選びは相当大切です。
ただ、とりあえず大手の引っ越し業者であれば、最低ラインは余裕でクリアしているので、安心・安全・保証を大事にしたい場合はこれらの業者から選ぶと安心です↓

サカイ引越センター
日本通運
アート引越センター(0123)
ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)
ハート引越センター
アーク引越センター
アリさんマークの引越社
SGムービング(佐川急便)

気になるところに見積もりを依頼して、整理をしてみると良いです。
ただ、複数の引っ越し業者の方が見積もりが安くなる(品質は同じ)ため、出来れば2~3社に見積もりを依頼した方が良いです。

見積もりは依頼したいけど、一社ずつ依頼するのは大変っていう場合は、無料一括見積もりサイトを使うのも一つです。
有名どころでよく使われるのはこちらにまとめました。



引っ越し料金を安くするコツはここにまとめました
タイトルとURLをコピーしました