友達と引っ越し業者に任せるのとではどちらが安くなる?

安い引っ越し

引っ越しの荷物に傷をつけたくないときは引っ越し業者一択です

絶対にキズを付けたくない物(貴重品など)や、絶対に壊したくない高価な家電製品をたくさん運ぶ場合は、多少費用が高くなっても友達には頼まずに引越し専門の業者に全部お任せした方がいいです。

やはり専門家なので、荷物を扱う丁寧さが素人とは段違いですし、補償もあるからです。

逆に、貴重品や電化製品を運ぶ必要があまりない場合や、近所に引っ越すので人手が欲しい場合は、友達に頼む手間と業者に頼む費用とを比べて、決めることになります。

友達に手伝いをお願いした場合、お礼は大体1,000円~5,000円程度になります。(5,000円というのは助っ人がひとりだけのケースで、その人ひとりに大変お世話になった場合です)

これはお金という場合以外の食事なども考慮した金額です。

それ以上のお礼を支払うとなると(頭数にもよりますが)、引っ越し業者に全部任せた方が安上がりになることが多いです。
学生ならまだしも、社会人になってからのお手伝いについては、見えない部分でお金が掛かる事も多いので、その辺の考慮が必要です。

一方、荷物が少ないから自分で運ぼうと考え、軽トラを持っている友人から車を借りて引っ越す場合は、使った後にトラックのガソリンを満タンにして返すのはもちろんの事、お礼として2~3,000円ほどその友達に渡す感じになります。

レンタカーの軽トラを借りる場合なら12時間レンタルで約5,000円~が相場ですが、友達に気を使うのが面倒という場合は、軽トラを借りた方が楽とも言えます。

友達に引越しの応援を頼む場合は、実際に掛かるお礼にかかる費用と見えない部分の気遣いや心遣いを換算し、引っ越しの専門業者に任せる事によるメリット&費用を見比べてからどちらに任せるか?を考えることになります。

ただここで一番やってはいけないのが、友達に頼んで大人数で引越しを手伝ってもらえば早く終わるだろうと安易に考えて、片っ端から友達にお手伝いを頼んで必要以上の人数を頼んでしまうことです(それだけ友人が多いというのは良いことですけど)。

上にも書いたとおり、通常お礼としてひとり頭1,000円ぐらいで計算していくので、10人以上助っ人がきてしまうと、食事を奢るにしても思った以上にお金がかかってしまうことになります。

だから、友達に頼む場合は「確実に来てくれる」という人だけに声かけをすることはもちろんですが、万が一来てくれなかったことも考慮して、日程に余裕を持っておくと良いです。

ぎりぎりの引っ越しほど精神的に負担が掛かるモノは無いですし、いらいらしてしまっては元も子もないからです。

友達の協力をお願いするのは、やはり引っ越しシーズンとなる3月~4月が一番です。
このときは引越料金が通常の倍以上になりますし、引っ越し屋さんも疲れ切っています。

時間的に余裕を持てるなら、友達に頼みながら、少しずつ運んでいく方がお金も労力も掛からずに済みます。
最後の大きい荷物だけ宅急便で送ったって、普通に引っ越し業者に依頼するより安くなることだってあります。


引っ越し料金を安くするコツはここにまとめました

タイトルとURLをコピーしました